獣医師会とは / 野生傷病鳥獣保護収容事業推進委員会

新潟県獣医師会では、定款 第9章「委員会」第47条の規程に基づき、各種委員会が設置されます。現在、6つの委員会が常設されており、それぞれ設置要綱が規定されています。
ここでは野生傷病鳥獣保護収容推進委員会の任務と現在の活動状況について記載します。


公益社団法人新潟県獣医師会野生傷病鳥獣保護収容事業推進委員会の任務

(1) 野生傷病鳥獣保護収容事業ならびに環境保全事業に関する対策の企画立案ならびに事業の推進をすること。
(2) 事業推進に関する規則、要領ならびにマニュアル等の作成、見直しをすること。
(3) 事業に関する情報収集をすること。
(4) 事業の実施および結果について、理事会に報告し議決を得るものとする。


野生傷病鳥獣保護収容事業推進委員会の活動状況および広報・公開資料

野生傷病鳥獣保護収容事業の詳細については、左のメニュー『主な事業内容』→野生傷病鳥獣保護を参照して下さい。
本年度は、平成24年1月に県民公開講座を開催しました。→開催報告


  このWebサイトでは一部PDFを利用しています。
左のバナーボタンサイトより、無料アプリをダウンロードしご覧ください。