獣医師会とは / 公衆衛生部会の活動

新潟県獣医師会には、小動物臨床部会・公衆衛生部会・産業動物部会が設置され、会員はいずれかの部会に所属して活動しています。
公衆衛生部会の主な活動について以下に記載します。

公衆衛生部会

 公衆衛生部会は行政機関の公衆衛生分野(食品衛生、食肉衛生、動物愛護など)の業務に携わる獣医師が所属しており、公衆衛生の向上のために、研修会などを開催しています。

 《公衆衛生獣医師の主な業務》
○ 食品衛生
  飲食に起因する衛生上の危害(食中毒や異物混入事故など)を防ぐため、「食品衛生法」などに基づき、保健所で食品衛生監視員として、食品営業施設の監視指導や食品の収去検査※を行っています。また、営業者のみならず消費者への食中毒予防普及啓発事業を行うなど、県民の皆様の”食の安全”に関わる分野で活躍しています。

※収去検査とは、「食品衛生法」に基づき食品の安全性確保の一環として、食品衛生監視員が食品製造施設や販売施設から食品等を無償で採取し、検査することです。

○ 食肉衛生検査
  家畜(牛、馬、豚、めん羊、山羊)や家禽(鶏、あひる、七面鳥)が食肉になるためには、食用に適しているか検査を受けなければなりません。「と畜場法」や「食鳥処理の事業の規制および食鳥検査に関する法律」に基づき、食肉になる段階のと畜場や食鳥処理場において、食肉衛生検査所の獣医師が1頭(1羽)ずつ食肉に適するかどうか検査を行っています。
 また、と畜場などに対して、HACCPシステム※に基づく衛生監視指導を行うなど、獣医師技術を生かして活躍しています。

 ※HACCPシステムは、食品の製造過程において、発生しうる健康危害をあらかじめ予測し、その原因に対する予防的な工程管理を行い、危害の発生を未然に防止するシステムです。

○ 動物愛護
 人と動物との共存できる地域づくりを目指して、「動物愛護および管理に関する法律」や「狂犬病予防法」などに基づき、犬・猫の飼養者への適正管理指導を行っています。
 また、動物愛護の普及啓発、動物取り扱い業および特定(危険)動物の飼養又は、保管施設の登録・許可事務や立ち入り指導などの分野で活躍しています。




【公衆衛生部会 広報公開資料・Information】




  このWebサイトでは一部PDFを利用しています。
左のバナーボタンサイトより、無料アプリをダウンロードしご覧ください。